アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実践してみてください!
こんにちは、Tです。

今回は自分のトレーニング方法を少しご紹介しようかと思います。

日本にいた時はほとんど筋トレらしい筋トレはしていなく、
Dr.Kこと金子のコアトレと、あとは自分の練習の中でバランスディスクなどを使ったドリブルドリルやシュートアジャストなど、バスケのスキルに絡めたもののみでした。
それがベストなコンディショニングでないとはわかっていましたが、最低限パフォーマンスにとって事足りるという自負がありました。
2期目のシーズンが始まり、バスケだけの日々の中で、練習場所のGYMに筋トレ施設が併設してあったので、時間を見つけて筋トレをするようになりました。
サクラメントに拠点を移してからは、こちらで勉強しているKAIにパーソナルでついてもらい、アメリカで主流のファンクショナルトレーニングをしています。


特徴としては、バランスボールやバランスディスクを使い、全身運動の中で、動と静、相互的な連動を以て鍛えるといった感じでしょうか。マシンの錘や重力に対してのレジスタンスではなく、自分の意思で、動きを生み出すことでパワーを発揮する、アンバランスに対して自分で動きを制御し、コアを強化しています。

20070225133820.jpg



またフレキシブルにバスケの動きと絡めてトレーニングできているので、実践的で、パフォーマンスに効果が現れていると実感します。一つの動作でも、錘を変える、速度を変える、バランスの強度を変えるなどバリエーションも豊富なので、飽きずにトレーニングができるのも良いですね。

例えばディフェンスポジションでダンベルを両手で持ち、右上から左下へとツイストしながらふりおろすというメニューがあります。これはリバウンドを巻き込んでキープする動きと連動させています。ダンベルをボールに変えて、クイックネスを重視したり、バランスディスクに乗って強度を上げ、全身を使って行うなど、動作と強度の兼ね合いが身体にとって良い刺激になります。
20070225133324.jpg

他にも踏み台昇降を、レイアップイメージで行う(空動き、ボール、メディスンを持って)など、定番の動きなどを少しひねってトレーニングすれば意識も効果も違うのではないかと感じますね。
20070225134121.jpg



こんな感じで部分のレジスタンスによる強化ではなく、全身を使った複合的なトレーニングでバスケの動きに即したコンディショニングを行っています。

今後日本に帰国したらT練でT練参加者に実践していきたいと考えています。来月にはT練の案内も出しますのでチェックしてくださいね。



また少しメニューをご紹介できればと思います


では

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
そのトレーニングならウェイト嫌いの僕でもできそうだな(笑)最近はGAMEないみたいだね。次に向けてコンディションしっかり!
【2007/02/25 21:21】 URL | SUMI #- [ 編集]

お疲れ様です!
あの件に備えてこっそり試してみます!!
【2007/02/27 14:56】 URL | つよし #- [ 編集]

SUMI

あんがと
帰国後バスケたのしみだぜ!!

つよし

精進してください
【2007/02/28 18:55】 URL | T #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://gymrats.blog78.fc2.com/tb.php/156-73c22c62



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。