アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


静岡クリニック
はい、潤です。 


先週末は静岡は富士宮市にある星陵高校にてクリニックを行ってきました。 今回は岡田と自分、そしてクリニック後には高校生とのゲームがあるという事でメンバーを増やして行ってきました。 


前日岩佐ジムもあり、睡眠を一時間くらいかな? とって夜中の三時にシンと近藤さんを拾って静岡に向かいました。 到着したのは朝の六時くらいだったかな? そこからは高校の駐車場で仮眠。 と思ったけど、山形の悪夢再来・・・・大男二人のいびきで騒音公害・・・まったく眠れず笑  困ったもんです。  


目を開けたらもう八時・・・あああ そして開催です。 体育館に入り高校生の数といったら六校分?かな・・・かなりの人数でした。 たくさんの高校生の前では眠気も吹っ飛びました。 ありがとう。  
20070510100938.jpg



高校生には始めはやはりウォームアップをしてもらい、その後はハンドリングをやってもらいました。 高校生ともなるとハンドリングはやはり上手いですね。 特に最近の高校生は色んな情報がネットでもどんな所でも入手できるため、色々参考になる資料に事欠きませんね。 うらやましいものですね。 なので、ある程度基本的なハンドリングについては問題なくこなしていきますね。  
 20070510100608.jpg



基本的なハンドリングで手の感覚を養った後は、ハンドリングを入れたシュートドリルに入ってもらいました。 このときはビッグマンとガードフォワード陣で分かれて、自分はガード陣のハンドリングシュートをみました。 このとき思ったのは、やはりどこの学校も個々のスキル練習に関しては、時間が取れていないという現状がありましたね。 色々な参考になるプレイなどに対しての練習方法に関してはやっぱり乏しいみたいですね。  


それだからこそ、自分達の存在する意味があるんですね。 若い子達は、早い時期からこういうトレーニングや、自分で考えてトレーニングを組み立てていくことを覚えていけば、近い将来かなりの確率で成長するし、道もだいぶ開けていくことでしょう。 


自分の願いとしては、なんにでも淡々とやらない事。 なんでも飽きっぽいようなメンタルにならないこと。 それをどうやって伝えていくか日々考えています。 気が遠くなるような単調な練習だったり気が遠くなるくらい苦しいメニューもたくさんありますが、その先にあるものは乗り越えたものにしか得られないものが確実にあるんです。 
20070510101228.jpg



ただ苦しい、つまらないで片付けないで欲しい。 なんにでも意味があるんですからね。 意味を考える前に心が囚われないようにして欲しいですね。 今の若い子達は身体能力が本当に優れていると思います。 自分が同じ歳の頃と比べると段違いですね。 でもその分能力任せでやれている感と、それに甘んじている姿勢が見受けられます。 一生懸命という言葉は本人がやっていると言ったら自分は口を出せません。 


なので、意味を考えていって欲しいですね。 なぜそれが必要なのか? なぜこれをやるのか? この練習や自分が伝えようとしている意味は何なのか? 自分はここまでその歳には考えてませんでした。 今思い返せば、その頃自分の考えみたいな指導者がいれば、自分はもっと成長できたと確信しています。


その思いがあるからこそ、今みんなに伝えて行きたい自分の信念や理論、情熱があるんです。 これからも少しずつこの情熱が伝わって伝染していってくれればいいですね20070510101350.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://gymrats.blog78.fc2.com/tb.php/213-ffe80ca2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。