アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ABA SPL 参戦後記 by T
こんにちは、Tです。



各GR JAPANメンバーに参戦記を書いてもらってきましたが、

参戦発起人である自分が今回はABA SPLを振り返りたいと思います。

(少し長くなりますが。。。。)

T14.jpg




思えば参戦を決めたのは昨シーズンの終わり頃、PLAY OFFに行けるか行けないかがわからず、待機していた時でした。

ABAのMaywood Buzzがサマーリーグ(SPL)をやるという情報があり、これまで思い描いてきた日本人チームでの海外リーグへの参戦ができる!!と思いました。

それが、今回無事に終えた事、嬉しく思います。



GYMRATSのキーワードでもあるボーダレスとネクストレベル。

bjリーグからベスト5、FT王という肩書きを持ったアパッチの康平や、ABA PLAYER岩佐、倉澤の参戦、元WJBLのユイ、全国クラブ選手権優勝経験もある健太郎や元JBLのすみ、TEAM S 、レジェンドのシン、FEBの慶太や大学3部で3P王という実績の梅、ギガキャッツでPLAYしていた幹也、サラリーマン石塚など、それぞれ所属や立場、目指すところの違うメンバーが、アメリカへの挑戦に賛同してくれて、嬉しかったです。



自分はT練やALL STARSなどで、いつもアメリカで通用するバスケを実践してきました。

T5.jpg


実際自分自身の目標は、もちろんアメリカでPLAYすることだし、アメリカ人相手にPLAYすることにバスケの楽しさを見出しています。みんなはいつもALL STARSの練習や、ピックアップに参加してくれているので、自分のバスケの狙いや、ポイントはわかってくれていたので、ABA SPLで、日本人がどこまで通用するか、アメリカ人をぶっ潰せるかを、試したかったのも正直あります。
T19.jpg


もちろんいろんな意味での日米貿易や、ネクストレベルへの布石として、良いチャンスでもありました。

結果として1週目は、康平や岩佐、健太郎と自分で、毎試合平均50点以上、また6試合中5試合の3Pの確立が50%以上と、ハイスコアで健闘しました。もちろんビックマンのリバウンドがないということで、大きなハンデはありましたが、アウトサイドのシュートがこれだけ入れば、ハンデに対抗できる強みになると実感しました。

自分自身のPLAYはというと、いつも通りです。アメリカでも、パスを中心に、チームメイトをより良くやらせるよう、頭を使って動くだけです。もちろん、シュートチャンスがあれば狙いにいきましたし、確率もまあまあです。
T16.jpg



ABA時代のHCでもあり、今回GR JAPANのHCを引き受けてくれたレジーも、日本人のバスケ、点の取り方、ハードワークなDF、能力にまかせっきりではなく頭を使うという考えを少しは認めてくれたようです。アメリカでPLAYするということは、それなりにはアメリカに適応すべくPLAYスタイルを考えないといけませんが、自分のスタイル、これまで培ってきた教えや経験に自信を持って、自分の強みや信念を持つことは大事ですね。
T18.jpg



そういった意味で、自分は間違ってなかった、と思うところや、これではダメだ、と実感するところもあり、本当に良い経験になったと思います。
T20.jpg


帰国後、GR JAPANメンバーはそれぞれネクストレベルへ向かっています。

T12.jpg



GYMRATSの代表メンバーでもあった岩佐は康平と同じbjリーグ東京アパッチと契約。康平はチームの顔としてアパッチで今シーズンへの準備。健太郎はどこぞのリーグに参戦するとかしないとか。。ユイは所属場所を求めてTRY OUTへの準備。石塚は国体で本選出場を果たし、そしてL.AのKENJIもTRY OUTを受けつつ、WORK OUTの日々。今月の月バスでも掲載されている西村も、L.Aに残ってアメリカ挑戦に向けて動いています。

その他のGR JAPANメンバーもそれぞれ目指すところへ向かってまたバスケットに励んでいます。

自分ももちろん今シーズンに向けて調整しています。

今回ABA SPLを通して、参加してくれたみんなには本当に感謝しています。
T15.jpg


いつものメンバー以外にも、大阪から狩野と高笠、また茨城から藤ヶ崎、愛知から永松と、

全国各地から参戦してくれました。

また一緒に運営してくれた竹原GMがいなければ実現しませんでした。

スポンサーとしてユニフォームを始め、シューズやウエア等を提供いただいたナイキ・ジャパン様、氷嚢やサポーターを提供いただいたZAMST様、ボールを提供いただいたSPALDING様、ありがとうございました。
T21.jpg


今回の企画に賛同いただき、留学会社枠として参戦いただいたアスリートブランド様、ならびに参加いただいた永松君、西村君、ありがとうございました。

そしてお力添えをいただいた月刊バスケットボール様、朝日新聞西山様、r4thカズさん、飯田さん、小林社長、宮地様、朝倉様、石丸様、KENJI邸のタカ、ありがとうございました。


また来年も実施できるよう、ネクストレベルへ向けて精進します!

C4.jpg




では


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
遥かなる高みに向かって、一歩ずつ着実に進んでいるTの姿勢はこちらも励みになってます。

また時間があったら、そちらへメールしますね。
【2007/09/04 11:55】 URL | もりたろう。 #amXlFcx2 [ 編集]

NEXT LEVEL!!
楽しみにしております。

サマー見たかったです。
【2007/09/04 23:09】 URL | Y氏 #- [ 編集]

一歩一歩 Tさん が思い浮かべてきてることをやりとげてるT さん マジですごいと思います。

道を作ることの難しさよりTRYすることの面白さを見てて感じます。

自分も負けないようにがんばります!

【2007/09/05 14:20】 URL | haru #- [ 編集]

もりたろう


お互いやれることからやりましょう!!

Y氏

そうだね。。
是非、今度は!!!

HARU

ありがとう。

焦らずゆっくりね。



【2007/09/07 10:26】 URL | T #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://gymrats.blog78.fc2.com/tb.php/312-339382f3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。