アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続き
GYMRATSの応援のためここをクリックしてください!!

MRIの結果前十字靱帯(ACL)がないことがわかって、移植手術ならまた一年近くバスケが出来ないと。
それが判ってからの練習は、膝に不安を持ちながらまた怪我するんじゃないか、って恐怖感と一緒にプレー。全くもって練習にならず。

さぁてどうしたもんか、ってことで中学のときから診てもらってる整体の先生や、筑波大学の知り合いと話を。
去年結局大学で結果は残せなかったし、半年以上バスケをしてなかったおかげで体はOut of shape。IWASA GYMで何とか元に戻ってきてるところ。
年齢的にも若いわけじゃないし、これ以上遠回りはできないよなぁ~。

ってことで手術しないでACLがないこのままの状態でバスケを続けることに決定。

当時の状態で膝がそこそこ安定してて、四頭筋とハムストリングを鍛えて膝をもっとサポートできるぐらい強ければ大丈夫だろうと。柔道ではACLなしでやってる人が多いらしいし。
ただバスケでは聞いたことはないみたいです笑

昨シーズンで大学でプレーするのは最後の年だったんで、今シーズンはチームに所属せず自主練中心。
アメリカに戻ってきてからは自分で考えたトレーニングや、夏に見つかった課題プラス、下半身を強くするメニューを組んで膝のサポートを。

おかげで今は下半身は怪我前よりも強くなって、膝も全然痛みなしでプレー出来るように。よっぽど追い込むか翌日が雨のとき以外は痛みはないですね~。

11月からは週5日、1日5時間のトレーニングをクラスの合間に、残りの2日はピックアップ。
クラスは面倒くさいし、トレーニングや走り込みで体はクタクタ。チームにいない今年は自分次第でサボれてしまう、けどそこはGYMRAT、自分に厳しくGYMで暮らしてます。

今でも膝に不安はあるし、課題も山積みだけど、焦らずやることやれば何とかなると楽観的に生きてます。
5月で大学のクラスが全部終わる予定なので、その後からプロに挑戦。それまではCHICOでひっそりと自分をいじめておきます。

夏の間に、IWASA GYMやT練で色んな課題をくれたおかげで、練習内容にはあまり困らないですね、自分のモチベーションが下がらない限りは。
いやぁお二人とも感謝です。

長くなったけど、これが膝を壊してからの大体の流れですかね。
いやぁ~ここまで読んだ人、お疲れさまです。
次は写真も入れて短めに書きます。 時間があったら。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
あけおめー。
なんてヤブ医者だー。やっぱあっちゃんが予想した通りの適当野郎だったんだねー。
とりあえずkeep playing.
【2008/01/20 03:33】 URL | bang #- [ 編集]

そうそう。
っていうか実は医者だけじゃなくてコーチとかトレーナーも半月板じゃなくて、ACLってのを知ってたっぽいんだよね~。

【2008/01/20 08:34】 URL | Atsushi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。