アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スーパーフィート体験記
こんにちは!
トレーナーのじゅん×2です。


GYMRATSの応援のためここをクリックしてください!!

今日はインソールメーカー・スーパーフィートさんのフットケアラボに岡田選手と行ってきました。

岡田選手のインソールを作製して頂きながら、
興味深い話を聞くことができとても勉強になりました。

スーパーフィートのインソールといえば固い。

私はこれまで柔らかいインソールを選手に薦めていました。
しかし最近、ブロンコス時代に作ってもらった固いインソールを使ってみたんです。
そしたら意外と動きやすくて調子が良いんですね。
そうするとどっちがいいのか疑問に思うようになりました。

自然な足の動きをするためにはまず、シューズ選び。
ですが、足にピッタリのシューズなんてオーダーメイドで作らない限り無理です。


画像 1783

そこでシューズと足の繋ぎ役となるインソールがポイントになります。

重心移動をスムーズにするには踵まわりを安定させる必要があります。

安定させるには柔らかいよりも固いほうがよい。
ユルイ地盤の上にビルが建たないのと同じですね。

インソール作成後に簡単なテストをしてもらったら、結果は一目瞭然でした。
(岡田選手からも今日の様子の報告があるはず・・・。)

スーパーフィートのインソールは踵からアーチのみにプレートを入れます。
「足の歪みは踵から」らしいです。
いつもインソールを作る時は足全体にパーツを施していたので意外でした。
インソールも奥が深いようで、
もっと勉強が必要だと痛感しました。

私もインソールを頂いて来ましたので、使ってみてどう変化したのかまた報告したいと思います。

シューズ選びやインソールは特に成長期の中高生に重要になります。
この時期に間違ったシューズをはいてしまうと歪んだ足になってしまいます。
子どもたちと接していると
バッシュが足にあっていない子たちは非常に多くいます。
今後はクリニックや自身のトレーナー活動時にしっかりと啓蒙したいと思いました。


選べる☆新作GYMRATSバスケットマウスシリーズ
Tシャツ&パーカー発売中!!
 
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
【2008/05/22 17:44】 URL | サトシ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。