アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Going Deep
今週末に控えた開幕戦まであと二日間しか練習できなくなりました。 そんでなんと開幕戦からトリプルヘッダーです。 土曜日ホームゲームで、日曜日テネシーでアウェイゲーム、月曜そのままテネシーの別のチームとアウェイゲームです。 体持つかな・・・何もかもが初めてのゲームなので楽しみな分コートに出て何が出来るか? そこですね、結果がすべてなんで。


このトリプルヘッダーが終わり次第、感謝祭が始まるので、そのBREAKが入ります。 自分は一応チームメイトの奴に予定を聞いた所、なんもやることないって言うから自分はそいつとそいつの家でウェイトをやったりその近くに日本食の食べれる所があるみたいなので、そこに案内してくれるみたいです。 


久しぶりに寿司なりわけわからない日本食食いたいですね。 あはは、基本的にアメリカにいるときは現地の奴とつるんだほうが、自分のためですね。 完璧といえるくらい英語をマスターしたいので、常に勉強する状態でいないとですね。 その時間を楽しみながらも無駄にしないためにも。


今日は新しい外人が来ました。 PGでこのガードは二年前にABAでやってて今年だっけかな? 去年かな? ティンバーウルブズのキャンプに参加してたみたいですね。 落ち着いててスペーシングは上のレベルを少し経験積んでるだけあって見ていて勉強になるところありましたね。 でもやっぱりNBAのロスターに残れないのかはわかる気がしました。 


NBAに行く選手は本当に無駄な贅肉をそぎ落とした、本当のシンプルバスケを体得しているプレイヤーと傲慢なメンタルも削除した選手。 このプレイヤーはある程度のレベルまでは来ていると思います。 自分も偉そうにいえませんが、感じたのは、秀でるものがなくて全部平均的なので。 あとはワンドリプルアップ、2ドリプルアップが出来ない事がネックですね。 

ガードでいくら身長が低くてもファンダメンタルを突き詰めていけば必ず出来るはずだし、生き残る手段ですね。 ガードなんて特に色んなシチュエーションでボールを持っている場面が多い分誰にシュートを撃たせるか? 時間配分、ペース配分、そんなの考えているうちに自分の撃てるタイミングを忘れていたり、セレクションで自分なのにそこでも周りを考えて撃たせてしまったりと。 


自分ではこんな動きしていて良いと思っていても角度がいまいちだったりでそのセットの時に味方をやりにくくしていたりと今日は奥深いバスケを経験できました。 あとはゾーンのオフェンスも練習したんですが、そこも考えすぎたりと、あとは日本のバスケ感が残っていて考え方の違いなども経験できたので、面白かったです。 


昨日コーチと話した時にポテンシャルはあるからあとは経験と自分のシュートを撃っていく事で味方も制圧しろ!!といわれました。 岡田にもずっと言われて来た事ですが、自分が撃って決めていけばいい。 でもそこはバランスも考えながら、それが出来るのが日本人・・・・ 今奥深さと難しさをいっぺんに経験しているので大変でメンタルもいっぱいになりますが、面白いですね。  やっぱりPGはボールにずっとさわっていられるから面白い。 


シーズン前でもシーズン入っても色んな選手がそのリーグに入ろうとするので、選手が入っては抜けてと契約とったからとか、ロスター入ってるからとか言って安心してたら、すぐにカットです。 厳しい世界ですね。 チームをコントロールする仕事だけに考える事いっぱいですが、それ以外でも自分の身の保障を確保しないといけないので、気が抜ける日はなくてシーズンは5ヶ月・・・・相当メンタル鍛えられますね。 勝つ事の種類がたくさん出てきてこれはまじで鍛えられますね。 


一番はチームが一つでも勝利の数が増えること。 自分に負けない事、チーム内でもポジションを取られないように負けない事。 たくさんの勝つ事が必要となってくるんです。 ここまで意識することなんて今までなかったと思います。 バジャーズでやっているときは、なんとなくで勝てたしね。 


こんなに大事に考えれる環境は本当貴重だし、次のステップに確実に繋がると思います。 岡田と一緒で壮絶なポジション争いはシーズン終わるまでエンドレスゲーム。 螺旋ですねぇぇ


最後までそのチームに残ってしっかり立っているように頑張ります。  I always feel that Im surviving, after I get off practice. tough.
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
いよいよですね!!岩佐さんと練習後話していた記憶がよみがえります。覚えていますか?がんばってください!!日本から応援しています!
【2006/11/17 22:00】 URL | 安藤弘久 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://gymrats.blog78.fc2.com/tb.php/56-27798e79



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。