アメリカプロバスケリーグへの挑戦!
プロバスケ選手を夢見てアメリカへ飛び込んだ名も無き選手たちが現状と心境を綴ってます。
カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第三戦
こんばんわ、潤です。 

GYMRATSの応援のためここをクリックしてください!!
はい、昨日はトリプルヘッダーの最終日・・場所はまたテネシー州にて・・一昨日のノックスビルより半分くらいの距離のところでした、なので車で2時間半くらいかなぁ でもアウェイの厳しさをとことん体感しています。 


まずは車での移動というとこで、岡田のところは立派な大きいバスですが、自分の所はお金あるくせにけちってキャンピングカーの大きい版みたいな車で行っているため、席も人数分そのためぎゅうぎゅうです笑  あと外人は足が長いため、向かいあって座るともう足元に足があります。 黒い足・・・誰の? みたいな・・まったく暗くなると足動かしたら必ず誰かの足にぶつかります笑  


あと自分が仲良くしているやつと座るとでかいし、足長いし手長いからぎゅうぎゅうです。 すぐハグっていうか俺を抱き寄せてくるから相当気に入られているみたいです。 まいったね。 黒人に愛される人ですわたくし・・・笑  


そんなこんなでテネシーマッドフロッグっていうとこと試合です。  三連敗は免れたいとみんな気合充分!! 一方のマッドフロッグは三戦中2勝しているチーム。 勝ち方を知っていると思います。 


始まってすぐにうちの流れになり昨日よりもセットをしっかり組んで落ち着いてプレーしていましたね。 余裕が出た分ノリやすいけど、そこで締めるとこは締めるというのが課題になると思います。  


やはり長い時間ノリを維持するのは至難の業なので、アップダウンはある、そこでいかに集中を切らさずに自分たちを見失わないかが問題ですね。 メンタルタフネスとはこのことです。うちのこーちは本当に良いコーチだと思います。 勝負所わかっているし、締めなきゃいけない所もしっかりしている・・・


でも4Qの中盤までうちは12点くらいリードしていました。 まさに今年の夏の世界選手権の日本みたいな感じでした。 相手は当然追い上げてくる、それに対してファイトしなくてはいけないのに、自分達は勝ちを急いだり、守りに入ったりとそんな空気が勝ってしまいました。 そのため、勝っているのに攻め所をわかっていなく、早撃ち、ディフェンスもすぐ取り返そうとする始末、そのため簡単にかわされてイージーな得点を三連荘、いや四回連続くらいくらったかな? それであっけなく同点・・・・残り2分。 まだ同点 


ぜんぜん時間もあるし同点・・相手は同点にしたから少しは気が落ち着いたはず、そこでうちらもファイトしなくてはいけない、でもそんな時やはり早攻め、そして守りを急いでファール・・・・そんな時に必ず起こるのがバスケットカウントや、ABA独自のいや~なルール3Dルール・・・・なんとかこらえて残り30秒・・・向こうに入れられて逆転・・またこっちがいれ返して一点リード・・・・残り10秒でファール・・しかもバスカン・・・うわぁぁ  フリースロー外してくれてこっちが攻め込みファールをもらい・・・フリースロー!!


二本入れれば同点で多分オーバータイムに行けたはず・・しかしガードのやつが外して一点差 ・・ファールゲームで残り2秒 フリースロー相手は一本目入れてこれで二点ビハインドです。  何を考えたか二本目相手はわざと外そうと思ったところで、リングにあたらずこっちのボール・・・・スローイン・・投げて上手いこと通ったんですが、そこから時間が足りず・・・・ゲームセット!!    三点差で負けました・・・


自分はこの試合さすがに二戦ともミスが続いたためスタートは無理でしたが、途中でましたが、一回ミスしましたが、対処方を見つけたので、そのミスがまた勉強になりました。 短い時間だったけど、確実に周りが見えてきているし、自分の落ち着きも戻ってきています。 


コーチとも話したけど、力になれていないのは、申し訳ない・でも必ず結果を出すからね、そしてこれから5日間オフです。 感謝祭のために・・・その間何か練習したいからメニューかアドバイスくれと言ったら、コーチは 今考えている事をキープしなさい。  I need u on this team. You gonna be ok, I know it. We need u. 救われましたね。  コーチも厳しい人だけど、期待してくれてるのは本当に感じ取れるので、これからもコミュニケーションをしっかりとって行きたいです。 

頑張りますよ。 まだまだ成長過程ですからね。 いつも勉強できている自分は幸せです。  



第二戦
昨日はアウェイゲーム・・・テネシー州のKNOXVILLEにて・・朝七時半に集合、八時出発・・・だけど・・・まぁ そこはアメリカですよ 八時半出発!!


朝飯ということで、近くのバイキングに寄ってみんなでお食事!! そこ色んなのあってよかったなぁあ 着く前に寝てたからそこまでの道のりわからないのでもうそこには行けません笑  


そのあと4時間半くらいかなぁ かけてノックスビルへ・・・やっと着いた~~二時間前に着いたのでゆっくりストレッチ出来たのは良いんですが、これだいぶキマスねぇぇ~  やられました。 足の感覚がおかしい~ 体重いとかじゃなくて足に微妙に力が入らない感じ? 更にストレッチに時間をかけて少し復活しました。   


昨日もスタートで出れたんですが、まだ感覚戻って来ませんね~ ゆっくりもしていられないんですが、結果を求めれば求めるほど絶対空回るのわかっています。 でも体がうまく動かせないんですよね。 これはもう時間が本当解決してくれると思っています。 メンタルもだいぶあるんですが、一応昨日よりは気持ち的には力抜けていたと思います。  


もう少しでなんとなく他のガードも参考にしながら勉強しているものが出せるはずなんですがね、昨日も途中でやっぱりテンパってターンオーバーしてしまい交代・・・・昨日は交代してからまた出番があったんですが、それもまた潰してしまい 本当期待を裏切ってしまっていますね。  


不甲斐ないと思っているんですが、ターンオーバーする前はやっぱりチーム的にオフェンス機能していると感じます。 やはり自分次第だと思っています。 本当崩れなければ、良い調子で勝たせる事が出来ると信じています。 切り替えて備えます。   


守りはまったく問題ないんですが、自分のコントロールにかかっていますね。 自分と同じポジションのD1出身のガード良いには良いんですが全体的に見ると勝たせるプレーヤーじゃないのかもしれません。 そのお助けマンとして自分がいるのかもしれません。  


お互いコミュニケーショんを取ってもっと彼を理解していきたいですね。 見習うとこはたくさんあるので、そこはばっちり吸収します。  


昨日は4Qでみんなのストレスが爆発して試合を投げてしまいました。 審判のせいにしてもなんも始まりません。 でもそこを抑えきれないで選手が切れてしまいました。 荒れたゲームだったので、気もちわからなくないんですが、そのせいで向こうがノッタのは確かです。 アウェイだけに余計にはまってしまいましたね。   


そんな時に自分が出れない、力になれなかったのが、昨日のベンチから観てての反省です。 大事な時間帯に出ていない、出すことを躊躇されていたら、本当に存在価値がなくなってしまいます。 明日は今日よりも成長している自分がいるように頑張ります。 ではでは 

開幕戦
こんばんわ、潤です。

GYMRATSの応援のためここをクリックしてください!!

はい、開幕戦が終わりました。  やっとプロになれました。 今日は二時間前から念入りにストレッチをして体をほぐし、メンタルを作りあげていたつもりが、やっぱり初戦ということで、緊張しちゃいました。 体が固かったですね。 


みんなの応援に応えてスタートで出れました。 勝ち取ったはいいんですが、がっちがちでした。 今日の相手はもう4戦目ということで、自分たちよりもリラックスしている分、最初彼らのペースで始まりました。 プレスにうちのチームがはまってしまい、17対6くらいになってしまいました。 


そこから自分達のペースよりもみんなを落ち着かせてしっかり自分達のやってきたことをやらせようと思ったんですが、自分もてんぱってしまい、崩れてしまいました。 みんなにとっての初めての試合、ミスが多かったです。   


コーチがそこで自分を引っ込めてD1出身のガードに交代・・・彼がだいぶ落ち着かせてペースが徐々に戻ってきました。 2Q終了して5点ビハインドで後半折り返してそして3Qの途中逆転もあったんですが、どうしてもそれを守りきれずに自分たちのターンオーバーで相手にまたリードを許してしまいました。    


そこから、どうしても点差が徐々に開きはじめました。


やはりガードのせいですね。 ガードが始めは良かったんですが、途中大事なところで、セットを作らずに全部自分でやるようになっていってしまったので、また違った意味で崩れ始めました。  


そんなところで残り7分くらいでまた自分の出番が来ました。 最初自分でチャンスを潰したから今日は出番がないと思ってましたが、諦めずに集中は切らさずにいました。 そのおかげで試合にすぐ入っていけました。 大事な場面での投入だったので、これは潰したら本当もう自分の存在価値はなくなると思いました。  


自分が投入時14点ビハインドでした。 なんとかディフェンスから、相手のミスを誘うことが出来て、そこからなんとか得点を重ねていきました。 その甲斐あって流れがだんだんとまたこっちにきました。 でもやはり勝ちを焦ったせいで、大事なところで、スローインからのミス・・・それ味方のキャッチミスもありますが、自分の責任です。 今日はターンオーバー数えたくないです。 多分5個です。 


昨日も書いた通り、自分が流れにのればチームも乗ってくれるようです。 明日は、また同じ相手なので、倒します。 今日は本当に疲れました。 でもとても勉強できたし、あとアメリカでのプロ初試合をスタートで経験できたのは本当に嬉しかったです。 国歌斉唱の時兄を思い出して涙が出そうでしたが、なんとかこらえました。 いつも背中を見守ってくれてると思うので、明日いいとこ魅せたいです。  


頑張ります。  

Signed the contract
こんばんわ、潤です。 

GYMRATSの応援のためここをクリックしてください!!

明日の開幕戦を控えた今日、ようやく契約書にサインしました。 ロスターには入っていましたが、契約選手か否か?は直前まで知らされていませんでした。 契約選手は8人。 あと二人追加可能みたいですね。 


本当に契約を勝ち取るのがどんだけ大変か身にしみました。 自分で想定して下積みしてきたものが一気に裏づけに変わった瞬間でした。 本当に嬉しい。 でも今日だけね。 今日限りの喜び。 明日から本当の意味で契約選手かを試される日々の始まり。 プロとして胸を張ってプレイしていく、これを試されていく五ヶ月間あまり。 


全部で36試合、その後プレイオフ・・・・どれだけプレイタイムを確保できるか、なんて保証なしです。 昨日来たD1の選手も契約。 これからもそんないきなり来て契約しちゃう選手たくさん出てくるでしょう。 今自分の居るスポットは明日には違う奴が座ってるかもしれない。 今日は最後の練習だったので、スタート取りたい一心で空回りしちゃいました。 


セットにこだわりすぎて、もっとシンプルな事を見逃した分判断が遅れてミスにつながりました。 自分から崩れ始めたので、回りも徐々に崩れてしまいました。 本当にガード次第でチームがガタガタになってしまう空間を目の当たりにした今日でした。 その分自分ががっちりやればチームは最高に上がるっていう発想の転換も出来たので、これをキープしていけば、自分のガードとしての自信につながっていくことでしょう。 


誰にでもミスはあるけど、それをどうしても見逃せないのがPGというポジション。 どのポジションがミスしても大きいには違いないけど、一番影響力を持つのがPG。 今日は心底凹みそうになった所で代わりに入ったそのD1出身のPGを見て、すぐ持ち直しました。 彼からは盗むものは多いです。 CBAも経験している分やはりアメリカのPGとしての動きはすごい参考になります。 負けない部分はたくさんあると思うので彼の良い部分をたくさん盗んで自分がいち早くレベルアップするように頑張ります。 


やはりこっちは、PGがだいぶ1ON1から崩していくシチュエーションが多いので、自分のスキルに絶対の自信を持っていかないといけません。 味方を探してしまうのは日本人の良い癖だと思うんですが、そればっかり頼りっきりにしてしまうと今日みたいになってしまうと思いました。 自分の考え方や判断はコーチも理解してくれているので、今考えながらやっていることをキープしていきなさい。 あとはボールは任せたよ!!って言われました。  「今日はセットすることばっかりこだわりすぎちゃった、ごめん、コーチ」言ったら「大丈夫、スマートだから」って・・・


買ってくれてる分本当に期待に応えたいと心底思った今日でした。 明日相手は何をやってくるかも、どんなレベルかもわかりません。 ただ、やることは一緒。 自分が創るのは得意な展開を、空間を創ること。 一番簡単に決める事。 ペース配分・・・あとは今日の反省を明日やらないこと。


今日は、とても勉強になった分疲れましたが、契約書にもサインしたから、嬉さの方が勝っています。  昼はチームメイトのアリと飯食いに行って、夜は日本人がやってるレストランか居酒屋みたいなとこ探して、フライヤー配りがてらご飯を食べに行こうと思います。 少し自分へのご褒美も兼ねてね。  


長かったベテランキャンプ。 日にちにすると二週間とちょっと、約三週間か・・・どれだけ体を痛めつけて、ストレス溜めて、どれだけメンタルやられたか・・・日本で充分にやってきたトレーニングのおかげで、勝ち取ったトライアウト通過からベテランキャンプ。 やってきた事の証明と次のレベルに行くのに自分に何が必要かまたインスピレーションが沸いて来ました。 これを日本に持ち帰るの楽しみです。  


ロスター確定の時に温かい激励メールありがとう。 今回はもっと良い報告が出来て嬉しいです。 あとはどんだけ勝利に貢献できるかですね。 

マークプライス
はじめに今日の練習とは関係ない話を書きます。 

今日自分達の練習している施設で・・・ある伝説のシューターに逢いました・・・・・それは・・・・


MARK PRICE!!  いやぁぁ 身長まったく変わらなかったわ。 でも自分の中でファンっていうのもあり、やっぱり雰囲気かなりありましたね。 そこで今でもタッチは変わらない?って聞いたら・・・あんなにはもう動いてないけど、たまに体動かしてるからタッチ昔と変わらないと思うよ!!っておい!!   今でもあんな入るんかい!? みたいな・・・・


いやぁマークプライスはこの施設で独自のシューティングプログラムを組んでいてたまに施設に来て教えているみたいですね。 自分のチームのGMにはデニススコットがいますが、彼は忙しくて練習をみたりとかはしませんね。 だから彼のシューティングはまだ見たことありません。 残念ですがね。 


でも自分のチームのアシスタントコーチは元バックスの選手でヨーロッパで何年か やっていたキャリアがあるし、ヘッドコーチは全米でもトップクラスのスキルアッププログラムを組んでいるコーチなので、いつも基礎は堅く教えていますが、理論がしっかりしているので、わかりやすく勉強になります。 


実績も結構豊富なので、理論と経験を兼ね備えてると思われます。 シーズン通したらどれぐらい経験積めるのか?考えるだけでわくわくしますね。 開幕はあと二日です。 この調子で行きます。 今日もターンオーバーなし・・・ここをキープしないと自分の価値が上がりません。 明日も軽いゲーム形式・・ターンオーバーゼロで行きます。  

Going Deep
今週末に控えた開幕戦まであと二日間しか練習できなくなりました。 そんでなんと開幕戦からトリプルヘッダーです。 土曜日ホームゲームで、日曜日テネシーでアウェイゲーム、月曜そのままテネシーの別のチームとアウェイゲームです。 体持つかな・・・何もかもが初めてのゲームなので楽しみな分コートに出て何が出来るか? そこですね、結果がすべてなんで。


このトリプルヘッダーが終わり次第、感謝祭が始まるので、そのBREAKが入ります。 自分は一応チームメイトの奴に予定を聞いた所、なんもやることないって言うから自分はそいつとそいつの家でウェイトをやったりその近くに日本食の食べれる所があるみたいなので、そこに案内してくれるみたいです。 


久しぶりに寿司なりわけわからない日本食食いたいですね。 あはは、基本的にアメリカにいるときは現地の奴とつるんだほうが、自分のためですね。 完璧といえるくらい英語をマスターしたいので、常に勉強する状態でいないとですね。 その時間を楽しみながらも無駄にしないためにも。


今日は新しい外人が来ました。 PGでこのガードは二年前にABAでやってて今年だっけかな? 去年かな? ティンバーウルブズのキャンプに参加してたみたいですね。 落ち着いててスペーシングは上のレベルを少し経験積んでるだけあって見ていて勉強になるところありましたね。 でもやっぱりNBAのロスターに残れないのかはわかる気がしました。 


NBAに行く選手は本当に無駄な贅肉をそぎ落とした、本当のシンプルバスケを体得しているプレイヤーと傲慢なメンタルも削除した選手。 このプレイヤーはある程度のレベルまでは来ていると思います。 自分も偉そうにいえませんが、感じたのは、秀でるものがなくて全部平均的なので。 あとはワンドリプルアップ、2ドリプルアップが出来ない事がネックですね。 

ガードでいくら身長が低くてもファンダメンタルを突き詰めていけば必ず出来るはずだし、生き残る手段ですね。 ガードなんて特に色んなシチュエーションでボールを持っている場面が多い分誰にシュートを撃たせるか? 時間配分、ペース配分、そんなの考えているうちに自分の撃てるタイミングを忘れていたり、セレクションで自分なのにそこでも周りを考えて撃たせてしまったりと。 


自分ではこんな動きしていて良いと思っていても角度がいまいちだったりでそのセットの時に味方をやりにくくしていたりと今日は奥深いバスケを経験できました。 あとはゾーンのオフェンスも練習したんですが、そこも考えすぎたりと、あとは日本のバスケ感が残っていて考え方の違いなども経験できたので、面白かったです。 


昨日コーチと話した時にポテンシャルはあるからあとは経験と自分のシュートを撃っていく事で味方も制圧しろ!!といわれました。 岡田にもずっと言われて来た事ですが、自分が撃って決めていけばいい。 でもそこはバランスも考えながら、それが出来るのが日本人・・・・ 今奥深さと難しさをいっぺんに経験しているので大変でメンタルもいっぱいになりますが、面白いですね。  やっぱりPGはボールにずっとさわっていられるから面白い。 


シーズン前でもシーズン入っても色んな選手がそのリーグに入ろうとするので、選手が入っては抜けてと契約とったからとか、ロスター入ってるからとか言って安心してたら、すぐにカットです。 厳しい世界ですね。 チームをコントロールする仕事だけに考える事いっぱいですが、それ以外でも自分の身の保障を確保しないといけないので、気が抜ける日はなくてシーズンは5ヶ月・・・・相当メンタル鍛えられますね。 勝つ事の種類がたくさん出てきてこれはまじで鍛えられますね。 


一番はチームが一つでも勝利の数が増えること。 自分に負けない事、チーム内でもポジションを取られないように負けない事。 たくさんの勝つ事が必要となってくるんです。 ここまで意識することなんて今までなかったと思います。 バジャーズでやっているときは、なんとなくで勝てたしね。 


こんなに大事に考えれる環境は本当貴重だし、次のステップに確実に繋がると思います。 岡田と一緒で壮絶なポジション争いはシーズン終わるまでエンドレスゲーム。 螺旋ですねぇぇ


最後までそのチームに残ってしっかり立っているように頑張ります。  I always feel that Im surviving, after I get off practice. tough.


基礎固め
さっき 自分と仲の良い かわいい後輩くん、名前は伏せておくけどねぇぇ、メールもらって彼に一言今後のアドバイスをメールしました。 

GYMRATSの応援のためここをクリックしてください!!

近年、小学校のミニバスを見てもそうだけど、バスケっトの理論やトレーニング論もだいぶ進歩して、コーチングにもだいぶ変化が見られるようですね。 


実際クリニックに行っても目を見張るようなプレイをする子、あとはファンダメンタルのレベルの高さを感じます。 実際自分の小学校の頃と比べると現在の小学生とは比べ物にならないようなレベルだったかもしれません。 


レベルがあがった背景には、多分身体能力のレベルが上がっているのもあると思うんです。 あとは情報が簡単に手に入るようになったのもあると思います。 情報が入った分、自分で得てそれを体得しようと試みる。 それはどんな時代も一緒ですね。 でも自分の時代にはそんなに情報っていうのは入ってこなかった分、参考にするのはNBAくらいでしたね。 


でも今はNBA以外にもヨーロッパや南米、アジア、全世界の情報はネットでもなんらかの情報を得られるし、あとはトレーニング法や、とにかくなんでも進化した分かなりバスケのレベルは上がったと思います。 


でもそんな中でいつも注意してみてるのは、中には本当にファンダメンタルがしっかり身についている子もいる、でもなんとなくで出来てしまう子が多い分たまにこの子はファンダメンタルが出来ているっと思ってしまう子も中にはいるってことです。 外から見てみて あ、この子基礎が出来ているなぁと思っても、実際基礎中の基礎をやらしてみると出来ないとか多いです。 


特に高校生、大学生に見られますが、本当に能力が高い選手が多いですね。 でも本当に基礎がしっかり固まっている子は少ないかもしれないですね。 NBAなどのスーパープレイやAND1などのプレイも見ていて思うのは、目を見張るプレイはあれは能力任せが多いです。 ダンクやアリウープ、クイックネスからのボディバランス、難しいバランスからのシュート。 ドリブルワークからのバランス あそこらへんは彼らがもつ特有のものなので、真似は出来ませんね。 


NBAや今回の世界選手権でも自分が一番見る点は、やはりファンダメンタルですね、ボールのもらい方やスクリーンの使い方、ジャンプシュート、もらい方、ワンドリ、2ドリ、多くて4回までですね。 


現に今世界でトップクラスの選手はKOBEだったりあとは年齢が高い選手達ですね。 今のところ若い選手でNBAで目立つっていうより、本当の意味でトップクラスの選手はファンダメンタルが相当にやばいです。 これは能力ではなくて相当な努力があってのものだと思います。 


現にコービーの1ON1のスキルはボールをもらうポジション取りからそこからの体をよく使ったフェイク、突き出し、ジャンプシュートに持っていくまでが非常にうまいために1ドリ、2ドリで必ずシュートに持っていっています。 より余計なものを省いている完成系でしょうね。 いまだにJORDANが神な理由はそこにあるんですね。  


アイバーソン、ビラップス、あとはやはりチームの主軸の選手は本当能力よりもファンダメンタルですね。  書くときりがないので、知りたい方は岡田なり、けんじなり、GYMRATSのメンバーに聞いてみてください。 もちろんIWASAGYMにも参加してください。  


こっちに来ても思うのがファンダメンタルのレベルが日本人は高いです。 そこを評価するコーチ陣が多いという事。 中にはゲーム形式だけのチームもありそうですが、うちのチームはファンダメンタルが主です。 それが出来ない選手がほとんどでびっくりしますよ 毎回。  能力に対抗するのはスキルとメンタルです。 参考にしてみてください。 ふと思ったので書かしてもらいました。 

I made it
おはようさん、ベテランキャンプが終了しました。 


今日で最後ということは、ロスター入りが決まる・・・・・


結果は・・・・・・勝ち取りました。  本当日にちにして9日間・・長かったです。 もちろんシーズンはこれからなので、もっと長くなりますけど、初めてのベテランキャンプだったので、大変だったけど、本当自分のやってきた事、アドバイスをたくさんもらいそれに努めたのもあり、証明できました。 


本当に今は素直に嬉しく思う。 今年の二月IBLのチームと契約したけど、直前でコーチが辞任、自分も契約破棄・・そんなこんなで、プロとしてデビューするのが、見送りになり色々考えてやってきた末に選んだABA。 マイナーと言えども本当に難しいという事が身にしみました。 時には自分を見つめる事を先にせずに結果を受け入れるのに時間がかかった時もありましたが、そういう事も通して自分のメンタル、姿勢を省みる事が出来たのが、今回の結果にすごい繋がったと信じています。


 
プロを目指すという事、本当に結果をすぐに求めてしまう・・仕方のないことですが、その結果を求める前に一つ一つ細かい事を見逃さない事、後回しにしないこと。 とても大事だと思いました。 実際それを信じて細かい所からやってきたから、
本当に自分の信じてやってきた事が証明できた意味でも二重の喜びです。 



それにこうやって自分を応援してくれている人に自分が喜んで報告できるのはこの上ない喜びですね。 SPLの時以来ですね。 一番心配かけた親に報告できたのも最高ですね。 ずっと親には心配掛けっぱなしだったので、仕事をしっかりやっていて自分でお金を稼ぎながらやってはいますが、本当に困った時にはいつも助けてもらっていたし、親が誇れる子供として自分は何が出来るのか? 



自分は親を誇れますが、その逆は?一年中家を空けてバスケ漬け・・・こんな子供? 心配に決まってます。 親の友人同士で息子、娘の話題になったとき・・・バスケばっかやってるんだよ・・・って自慢になりませんからね笑  



プロになったからと言って誇れるかどうかは親がどう思うかだから、実際わかりませんが、自分が親の立場になったときに想像したことは、自分の人生に何か目標を持って生きているか? そしてどれだけそれにひたむきに自分の情熱を注いでるか?甘いかもしれないけど、自分は自分の子供を持ったら、確実にそれをいつも問いたいと思います。 



だから自分の思い込みもありますが、何かにたくさんの時間をかけて必ず結果を出していく、その姿勢、その情熱を親に理解してもらえれば、きっと親は応援し続けてくれるはずです。 子供は親の遺伝子を受け継いでるから、自分の価値観などそのメンタル的な所は親が元々持っている資質を子供が少なからず受け継いでると思うので。 



さっき親に電話したけど、「あ~あ 受かったのね・・また頭抱えるよ~~」
って言われたでも、嬉しいと喜んでくれているのは感じ取れたから、ありがとう 今までありがとうって伝えました。 



そんな家族が大好きです。 あとは今までずっと俺の背中を支えてくれてた兄に感謝します。 Rest In Peace my big brother , always keep you in my mind, and love always .



今まで大きなサポートをし続けてくれた、凛太郎さん、剛くん、GYMRATSFAMILY、岡田、IWASAGYM生のみんな、仲間達、今までクリニックで知り合って応援メールをくれるプレーヤー達、本当に有難う。 感謝の気持ちで一杯の一日です。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。